ネット証券会社

 

昨今人気の口コミが多いハイローオーストラリアのように、わたしたち投資家が資金を使って投資を行う際には、株券や債券などを利用して投資を行いますが、こうした様々な金融商品を取り扱う会社が証券会社になります。

もちろん、証券会社にはこのほかにもいろいろな業務がありますが、わたしたちが最も接する機会があり、かかわりになる部分は金融商品の売買と市場取引の仲介業務になるでしょう。

こうした証券会社には、その規模や取り扱いをする業務の方向性や内容などに違いがあり、大手証券会社、中堅証券会社、地場証券会社、そしてネット証券会社になります。

大手証券会社は全国に支店を持ち大きな資本で展開をしているという特徴があり、中堅証券会社は大手の証券会社とは違う方向性などを打ち出しています。
地場証券会社は、地方に密着した強い経営基盤を持ち、独自の金融商品などを取り扱うなどして差別化を図っています。

こうした証券会社では、長くから対面方式での株の売買を行っており、投資家は証券会社に足を運んだり、電話などで株取引を行っていました。
しかし、1990年代の後半からパソコン通信などを利用したオンライン取引が行えるようになり、1999年の株式売買委託手数料の自由化などによって、インターネットを利用し株取引の手数料を大幅に削減した、新しい形の証券会社の形であるネット証券会社が登場し、大きな人気を集めるとともに、これまで株取引を行ったことがない新たな顧客層の開拓についても成功を収めているのです。

ネット証券会社が人気を集める理由はさまざまな要因がありますが、やはり手数料の安さが大きな魅力の一つと言えるでしょう。
それ以前の株取引は、顧客である投資家に対して、証券会社の営業の人間が担当となり、取引手続きや市場の動向などの情報提供、投資のアドバイスなどを行っていたために、人件費などが大きくかかっていたため、取引の手数料がとても高いものとなっていたのです。

これに対し、ネット証券ではこうした売買取引きの手続きをインターネットで行うことや、市場の動向など外為オンラインは違法と無縁の人気ウェブサイトや専用のアプリで情報提供することによって、人件費や固定費などを削減し、手数料を大幅に引き下げたのです。

また、インターネットの普及が進み、スマートフォンなどの機能が向上が大きな要因となり、www.オーストラリアハイロー.jpのような人気サイトから手軽に情報収集が可能になったことで、携帯電話でも株取引が行えるアプリケーションはありましたが、操作性や機能性に劣っており、こうした面についてもモバイル端末の性能が上がったことによって、多くの人たちが場所や時間の制限を乗り越えて取引が行えるネット株取引を選び、これによってネット証券会社が選ばれるようになったのです。