ネット証券会社の評判

 

ネット証券会社は、1990年代の後半から登場した新しい形の投資取引となっており、手数料が安いことや、株式の売買手続きが簡単に行えることなどから、投資取引の初心者を中心の大きな人気を得ているものになります。

こうしたネット株取引が行えるネット証券会社は多くの数があり、それぞれに特徴がありますので、どのネット証券会社を選ぶのかも初心者の投資家にとっては大きな悩みにもなっています。
また、ネット証券会社と一般証券会社との違いに対しても、投資取引をこれから始める人達にとっては大きな疑問点のひとつになるでしょう。

よくあるネット証券会社の評判として、ネット上での取引であるために店舗がなく、そのために、何らかのトラブルになった時に一切の保証が行われないのではないかというものがあります。

ネット証券会社は、確かに一般証券会社である大手の証券会社のように、店舗での大きな展開をしておらず、顧客からの取引注文を取りまとめたり、投資や株式情報のアドバイスをするよう仕組み、組織を持っていないところが殆どになります。

確かにネット証券会社は新しい会社も多く、不安を感じる評判が立ちやすいものですが、証券会社としての業務やその信頼度については、これまであった証券会社と変わる所はなく、例えば顧客の資金などについては、ネット証券会社の資金とは別に管理を行う分別管理が法律によって義務付けられており、証券会社が自分たちの資産と顧客の資産を合計して運用などをしないようになっているのです。

また、万が一、こうした分別管理の義務を違反をした状態で、ネット証券会社が破綻などをし顧客に資金が変換できないような自体に陥った際には、日本投資者保護基金により1000万円までが保証されることになっていますので、安心して取引を行うことが出来るのです。

ネット証券会社の評判として上がるものでは、この他には簡単に取引きが行えるものの、株知識などがない初心者が投資を行うので、あっという間に資産を失い、ネット証券会社の食い物にされるのではないかと言うものもあります。

これは、どの投資取引についても言えることですが、投資である以上利益を得られる可能性と同時に損失を被る可能性もあるために、一概にネット証券会社であるからとはいえないでしょう。

どちらかと言えば、ネット証券会社でのネット取引きは、以前の株式投資よりも少ない手数料、少ない数量での取引を行うことができるようになったため、個人の資産や力量に応じて投資の方法を調整することが可能ですので、こうしたリスクを軽減することが出来るのです。