ネット証券会社のメリット

 

投資などを行って資産を運用しようと考えた時、いまもっとも身近に行えて人気も高く、多くの初心者の投資家も参加している投資取引きが、ネット証券会社を利用したネット株取引になります。

ネット株取引とは、その名のとおりにインターネットを利用して企業が発行する株券の売買取引を行うもので、価格が安くなっている株の銘柄を購入しておき、株式市場の相場変動によってその株銘柄の価格が大きき上昇した時にこれを売ることによって、その差額を利益として得ることが出来ます。

また、企業の株を購入することによって、その企業の共同オーナーの一人である株主になることが出来ますので、企業の経営の動向に対して株主総会などに参加してコレを監視したり、意見を述べたりする権利を持ったり、企業が上げた業績からその利益を配当金として受け取ったりすることが出来るようになります。

この他では、日本の企業では株主に対して、株主優待という独自のサービスを行っており、その企業が行っているサービスを無料や割引で体感することが出来たり、商品券やカタログギフトを受け取ることも出来るため、例えば外食産業の企業を利用してレストランなどを無料で利用したり、テーマパークや映画館などの優待入場券などをもらえるなど、得点が大きくあるものになります。

これまでは、株取引は証券会社の窓口となる担当者と対面取引で行われることが一般的でしたが、インターネットでのオンライン取引きを主軸に、いわゆる店舗を持たないネット証券会社が多く登場したことにより、これまで株式投資などを行ったことがない主婦層などを中心にして、株主優待が目的であったり、将来の預金を株に変えてその配当金で運用していくというような利用が増えているのです。

こうしたネット証券会社を利用したネット株取引には、更にいろいろなメリットが損刺しひており、そうしたものの中に取引き手数料の安さが挙げられます。
従来の証券会社での対面での株取引の場合には、わたしたち投資家一人ひとりにたいして、営業担当の人間が突くことになり、色々なアドバイスなどをしてくれたり、取引き注文を取りまとめて責任を持って発注を行ってくれたりするのですが、その分、人件費などの兼ね合いから大きな手数料がかかってしまうというデメリットが有りました。

しかし、こうしたことが一切いらず、売買取引の注文も株式市場への動向調査なども全て投資家側で行うネット株取引では、その手数料が圧倒的に安くなっており、大手証券会社の対面取引では一回の手数料が6千円前後となっているのに対し、ネット証券会社の手数料は300円ほどの金額になっており、株取引の金額が低い場合には、取引手数料を無料とするネット証券会社もあるのです。